将来の安定収入を作ろう|入居率を向上させるプロフェッショナル|エムスタイルにお任せしよう
積み木

入居率を向上させるプロフェッショナル|エムスタイルにお任せしよう

将来の安定収入を作ろう

集合住宅

全額を用意する必要はない

資産運用の手段はいろいろあります。株式投資のみをしている人もいれば、投資用マンションをひたすら買い続けている人もいます。また、FXで一晩にして大金を手にしている投資家もいます。これから資産運用を始めようと考えている人にとって、あまりに選択肢が多いと、何をしてよいのかわからず、結局、手を付けられなくなることもあります。資産運用を始める際には、まずは自身の投資嗜好を考えてみましょう。もしも、安定的な収入を長期にわたって得続けたいと考えているのであれば、投資用マンションを買うことをお勧めします。都市部のワンルームタイプの投資用マンションであれば1000万円から2000万円程度しますが、ローンを利用することができます。

ゆくゆくは自分のものです

そのため、実際に必要となる資金は100万円から200万円といったところです。ローン返済の一部もしくは全部は家賃で賄うことができます。つまり、200万円程度のお金を用意しておけば、将来的に1戸の投資用マンションが手に入るのです。ローンがあるうちは、家賃の一部もしくは全部が返済に充当されてしまいますが、地道に返済し続け、ローンを完済してしまえば、家賃がまるまる手元に残るようになります。投資用マンションを買うために組んだローンは繰上げ返済をすることもできるので、資金に余裕ができた時には、ローンを一気に減らしておくのも良いです。資金的余裕があるときにローン残高を少なくしておけば、ローンリスクも小さくなります。