二種類の利益抽出方法|入居率を向上させるプロフェッショナル|エムスタイルにお任せしよう
積み木

入居率を向上させるプロフェッショナル|エムスタイルにお任せしよう

二種類の利益抽出方法

集合住宅模型

賃貸収入が一般的

不動産投資は最近人気の投資のひとつになっています。不動産投資には二種類の投資方法があります。一つは安い物件を購入し、のちに地価が向上したときに売却しその値上げ幅を利益となる方法です。もう一つは賃貸物件として貸し出し、毎月収入を得る方法です。一般的には、後者の不動産投資のほうが多くなっています。しかしこの両方を得ることも可能です。物件の選び方や運用方法に工夫は必要になりますが、購入から売却の間までも利益を出し続けることが可能になるのです。為替や株式の投資と異なり不動産の価格は急上昇したり急に下落したりすることはありません。しかしすぐに売却することもできないデメリットもあります。そのためできる限り需要のある売れ筋の物件を選ぶことが大事です。

リスク対策を行う

不動産投資を賃貸収入のみに限定するのであれば、ワンルームマンションが需要面でも、価格面でも人気になっています。しかし築年数が経過すると物件の価値はほとんどなくなってしまいます。マンション一棟を所持しているのであれば、土地が価値として残ることになりますが、マンション一室ではほとんど価値は残らないのです。そのため、不動産投資における物件選びは投資方法に応じて変える必要性があるのです。賃貸収入は毎月一定の額が入りますが、空室などのリスクを前提に運用しなければなりません。表面利回りの高い物件を選ぶなども重要なポイントになります。株や為替と比較すると許容できる範囲内のリスクになります。物件の選び方次第でリスクを限定させることも可能なのです。